離婚調停と言われているものは、実は、夫婦関係を調整するための話合いの場であり、夫婦の一方が離婚を求めて調停を申し立てても、最初から、離婚する方向で話合いを進めていくわけではありません。

最初は、夫婦双方に対して、それぞれの気持ちを尋ね、離婚せずに円満な夫婦に戻ることができないかどうかも考えます。

夫婦の一方が離婚を求め、他方が離婚を拒否し円満な夫婦に戻ることを望み、双方の意思が一致しない場合、調停を不成立とすることになりますが、離婚を希望する側の若干の譲歩により、いわゆる「別居調停」を成立される場合があります。

これは、離婚するかどうかの紛争を一時棚上げし、しばらくの間、別居を続けて冷静になって考え、その後に、離婚するか、夫婦としてやり直すかを、再度、話合うことを予定しているのです。

藤本法律事務所